EAがリアル口座で取引しないときの確認方法

MetaTrader 4
GogoJungle
2019/11/21 22:40
243

EAがリアル口座で取引しない原因は、いくつか考えられますが
まずはEAに問題があるのか、MT4の設定や制約に問題があるのかを切り分ける必要があります。

EAに問題があるのかを確認する

バックテストで取引するかどうかがポイントです。

backtest-settings

バックテストで下記のように1回でも取引すれば、EAには問題がなさそうです。

backtest-graph

バックテストで取引しない場合は、下記のような原因が考えられます。

  • ヒストリカルデータが不足している
  • スプレッドフィルターに引っかかっている
  • 通貨ペア(USDJPY-a)のサフィックス(-aの部分)が影響している
  • EAが使用するインジケータ・DLLファイルなど、稼働に必要なファイルが不足している
  • 特定の会社・口座のみ動作、デモ口座のみ動作、特定の期間のみ動作するなど、制限がある

バックテストの操作履歴にエラーが表示されますので、確認をしましょう。

backtest-logs

MT4の設定や制約に問題があるのかを確認する

バックテストで取引する場合は、MT4の設定に問題がなければ、正常稼働する可能性が高いです。
リアル口座で取引しない場合は、下記のような原因が考えられます。

  • EAの「自動売買を許可する」がオフになっている
  • EAの「DLLの使用を許可する」がオフになっている
  • ストップレベルの制約により、指値・逆指値が拒否されている
  • 読み取り専用のアカウントでログインしている
  • 通貨ペア、時間足が間違えている
  • ロット数の制約に引っかかっている
  • ポジション数の上限を超過している
  • 証拠金が不足している

バックテストと同様に取引しない場合は、エキスパートのエラーを確認しましょう。

forward

エラーが表示されていない場合は、EAがフリーズしている可能性もありますので、ご注意ください。

コメント

関連項目

検索結果がありません。