MathRand

2019/07/17 19:00
3

int MathRand()

MathRand関数は0から32767の範囲で疑似乱数を発生させる。MathRandを呼ぶ前にMathSrand関数を用いて、疑似乱数発生の発生系列を指定するべきである。

Sample:
MathSrand(TimeLocal());
// Display 10 numbers.
for(int i=0;i<10;i++ )
Print("random value ", MathRand());

コメント