新着
人気のリフアレンス
2019/07/17 19:00
datetime OrderExpiration() 現在選択されているオーダーの有効期限を返す。 Note:オーダーはOrderSelect()関数によって事前に選択されていなければならない。 Sample: if(OrderSelect(10, SELECT_BY_TICKET)==true) Print("Order expiration for the order #10 is ",OrderExpiration()); else Print("OrderSelect returned error of ",GetLastError());
280
0
4
1
2019/07/17 19:00
void OrderPrint() 現在選択されているオーダーの情報を以下のフォーマットでログに出力する。 チケット番号;オープン時間;トレードタイプ;ロット数;オープン価格;ストップロス値;利確値;クローズ時間;クローズ価格;手数料;スワップ;収益;コメント;識別番号;有効期限 オーダーはOrderSelect()関数によって事前に選択されていなければならない。 Sample: if(OrderSelect(10, SELECT_BY_TICKET)==true) OrderPrint(); else Print(“OrderSelect failed error code is”,GetL
105
0
1
1
2019/07/17 19:00
string OrderComment() 現在選択されているオーダーのコメントを返す。 Note:オーダーはOrderSelect()関数によって事前に選択されていなければならない。 Sample: string comment; if(OrderSelect(10,SELECT_BY_TICKET)==false) { Print(“OrderSelect failed error code is”,GetLastError()); return(0); } comment = OrderComment(); // …
58
0
1
2
2019/07/17 19:00
int ArrayBsearch(double array[], double value, int count=WHOLE_ARRAY, int start=0, int direction=MODE_ASCEND) 配列の最初の次元において、一致した値がある場合はそのインデックスを、一致した値が無い場合は最も近い値のインデックスを返す。 この関数は文字列配列、直列配列で使うことはできない (足の開始時間配列は除く)。 Note:二分探索法ではソート済み配列しか処理できない。数値配列をソートするにはArraySort()関数を用いる。 Parameters: array[] - 検索
57
0
0
0
2019/07/17 19:00
datetime OrderOpenTime() 現在選択されているオーダーのオープン時間を返す。 Note:オーダーはOrderSelect()関数によって事前に選択されていなければならない。 Sample: if(OrderSelect(10, SELECT_BY_POS)==true) Print("open time for the order 10 ",OrderOpenTime()); else Print("OrderSelect returned error of ",GetLastError());
47
0
0
0
2019/07/17 19:00
nt ArrayInitialize( object &array[], double value) 数値配列の要素を同じ値で設定する。初期化した要素の数を返す。 Note:カスタムインジケータのinit()関数のような関数内でインデックスバッファを、"empty_value"で自動的に初期化することは推奨されない。 Parameters: array[] - 初期化したい数値配列 value - 初期値 Sample: //---- initializing of all array elements with 2.1 double myarr
46
0
0
0
2019/07/17 19:00
double OrderSwap() 現在選択されているオーダーのスワップを返す。 Note:オーダーはOrderSelect()関数によって事前に選択されていなければならない。 Sample: if(OrderSelect(order_id, SELECT_BY_TICKET)==true) Print("Swap for the order #", order_id, " ",OrderSwap()); else Print("OrderSelect failed error code is",GetLas
42
0
0
0
2019/07/17 19:00
void WindowRedraw( ) 現在のチャートを強制的に再描画させる。 通常、オブジェクトプロパティが変更された後に使われる。 Sample: //---- set new properties for some objects ObjectMove(object_name1, 0, Time[index], price); ObjectSet(object_name1, OBJPROP_ANGLE, angle*2); ObjectSet(object_name1, OBJPROP_FONTSIZE, fontsize); ObjectSet(line_name, OBJPROP_
39
0
0
0
2019/07/17 19:00
double MathArctan( double x) MathArctan関数はxにおけるアークタンジェント値を返す。もしxが0ならばMathArctan関数は0を返す。 MathArctanはラジアン範囲で-π/2からπ/2までの値を返す。 Parameters: x - タンジェント値 Sample: double x=-862.42, y; y=MathArctan(x); Print("Arctangent of “,x,” is ",y); //Output: Arctangent of -862.42 is -1.5696
37
0
1
0
2019/07/17 19:00
int FileWriteArray( int handle, object array[], int start, int count) この関数は配列をバイナリファイルへ書き出す。int型、bool型、datetime型、color型の配列は4バイト整数値として各要素毎に書き出される。 double型の配列は8バイトの倍精度少数として各要素毎に書き出される。 string型の配列は、各要素の終端に"\r\n"が自動的に追加され、文字列として書き出される。 書き出された要素数を返し、もしエラーが起きれば、負の数が帰ってくる。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastE
37
0
0
0
もっとみる