FileReadString

2019/07/17 19:00
8

string FileReadString( int handle, int length=0)

ファイルの現在の位置から文字列を読む。CSVファイル、バイナリファイル両方に適用される。
テキストファイルの場合、文字列は区切り文字の前まで読まれる。バイナリファイルの場合、文字数分だけ文字列が読まれる。
エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。
Parameters:
handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル
length - 読み込む文字数
Sample:
int handle;
string str;
handle=FileOpen(“filename.csv”, FILE_CSV|FILE_READ);
if(handle>0)
{
str=FileReadString(handle);
FileClose(handle);
}

コメント