ファイル操作に関する関数

  • 新着順
  • 閲覧数
  • いいね

2019/07/17 19:00
int FileOpen( string filename, int mode, int delimiter=’;’) 入力、出力用のファイルを開く。成功すればファイルハンドルを、失敗すれば-1を返す。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 Notes:ファイルはterminal_directory\experts\filesフォルダ(テストモードの時はterminal_directory\tester\files)かそのサブフォルダでしか開くことはできない FILE_BINとFILE_CSVは同時に使うことができない。 もしFILE_WRITEがFILE
12
0
0
0
2019/07/17 19:00
void FileDelete( string filename) 指定されたファイルを削除する。エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 terminal_dir\experts\filesディレクトリ(テストモードの時は、terminal_directory\tester\files)かそのサブディレクトリにあるファイルしか、削除できない。 Parameters: filename - ファイルへのパス Sample: // file my_table.csv will be deleted from terminal_dir\experts\fi
4
0
0
0
2019/07/17 19:00
void FileFlush( int handle) ファイルバッファに蓄えられてあるデータをすべて書きだす。 Notes:FileFlush()関数はファイルの読み込み、書き込みの間でしか呼び出せない。ファイルが閉じられた時、自動的にデータは書き出されるため、FileClose()関数を呼び出す前にFileFlush()関数を呼び出す必要はない。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル Sample: int bars_count=Bars; int handle=FileOpen(“mydat.csv”,FILE_CSV
4
0
0
0
2019/07/17 19:00
bool FileIsEnding( int handle) ファイルの終端に達したらTRUEを、それ以外はFALSEを返す。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 もし読み込み中にファイルの終端に達したら、GetLastError()関数はERR_END_OF_FILE (4099)エラーを返す。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル Sample: if(FileIsEnding(h1)) { FileClose(h1); return(false); }
7
0
0
0
2019/07/17 19:00
void FileClose( int handle) FileOpen()関数によって開いたファイルを閉じる。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル Sample: int handle=FileOpen(“filename”, FILE_CSV|FILE_READ); if(handle>0) { // working with file … FileClose(handle); }
2
0
0
0
2019/07/17 19:00
int FileReadArray( int handle, object &array[], int start, int count) バイナリファイルから指定された要素数だけ配列に読み込む。読み込む前に、配列の大きさを十分取っておいた方が良い。 実際に読み込まれた要素数を返す。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル array[] - データを保存する配列 start - 配列の保存を開始する位置 count -
9
0
0
0
2019/07/17 19:00
double FileReadNumber( int handle) 現在の位置から区切り文字までの数値を読む。CSVファイル専用。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル Sample: int handle; int value; handle=FileOpen(“filename.csv”, FILE_CSV, ‘;’); if(handle>0) { value=FileReadNumber(handle); FileClose(handle)
11
0
0
0
2019/07/17 19:00
string FileReadString( int handle, int length=0) ファイルの現在の位置から文字列を読む。CSVファイル、バイナリファイル両方に適用される。 テキストファイルの場合、文字列は区切り文字の前まで読まれる。バイナリファイルの場合、文字数分だけ文字列が読まれる。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル length - 読み込む文字数 Sample: int handle; string str; han
8
0
0
0
2019/07/17 19:00
double FileReadDouble( int handle, int size=DOUBLE_VALUE) バイナリファイルの現在の位置から倍精度少数値を読む。バイト長は8バイト(double)か4バイト(float)が指定できる。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル size - バイト長。DOUBLE_VALUE(8バイト)かFLOAT_VALUE(4バイト)の値。 Sample: int handle; double valu
4
0
0
0
2019/07/17 19:00
int FileReadInteger( int handle, int size=LONG_VALUE) バイナリファイルの現在の位置から整数値を読む。バイト長は1、2、4バイトが指定できる。 もしバイト長を指定しなかったら、システムは4バイトを読み込もうとする。 エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。 Parameters: handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル size - バイト長。 CHAR_VALUE(1バイト)かSHORT_VALUE(2バイト)かLONG_VALUE(4バイト)の値。
3
0
0
0