FileWriteString

2019/07/17 19:00
6

int FileWriteString( int handle, string value, int length)

この関数は現在のバイナリファイルのファイル位置に文字列を書きこむ。
実際に書き込まれたバイト数を返し、エラーが起きれば、負の数を返す。
エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。
Parameters:
handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル
value - 書き込む文字列
length - 書き込む文字列の長さ。
もし文字列数がlengthよりも大きい場合、切り捨てとなる。
もしlengthよりも小さい場合、バイナリの0が埋め込まれる。
Sample:
int handle;
string str=“some string”;
handle=FileOpen(“filename.bin”, FILE_BIN|FILE_WRITE);
if(handle<1)
{
Print(“can’t open file error-”,GetLastError());
return(0);
}
FileWriteString(h1, str, 8);
FileClose(handle);

コメント