日付や時間に関する関数

  • 新着順
  • 閲覧数
  • いいね

2019/07/17 19:00
datetime TimeCurrent() 最後に確認できたサーバ時間のエポック秒(1970年1月1日 0:00:00からの経過秒)を返す。 最後に確認できたサーバ時間は、最後の価格変化が確認できた時間である。 Note:テストでは、最後に確認できたサーバ時間はモデル化されている。 Sample: if(TimeCurrent()-OrderOpenTime()
5
0
0
0
2019/07/17 19:00
datetime TimeLocal() パソコン内の時間(ローカル時間)をエポック秒(1970年1月1日 00:00:00からの経過秒)で返す。 Note:テストでは、モデル化されたサーバ時間同様、ローカル時間もモデル化される。 Sample: if(TimeLocal()-OrderOpenTime()
6
0
0
0
2019/07/17 19:00
int Year() 現在の年を返す。 言い換えると最後に確認できたサーバ時間での年を返す。 Note:テストでは、最後に確認できたサーバ時間はモデル化されている。 Sample: // return if the date is within the range from 1 Jan. to 30 Apr., 2006. if(Year()==2006 && Month() return(0);
5
0
0
0
2019/07/17 19:00
int Month() 現在の月番号(1月→1、・・・、12月→12)を返す。 言い換えると最後に確認できたサーバ時間での月番号を返す。 Note:テストでは、最後に確認できたサーバ時間はモデル化されている。 Sample: if(Month() return(“the first half year”);
4
0
0
0
2019/07/17 19:00
int Hour() プログラムの開始時間以降、最後に確認できたサーバ時間の時間(0-23)を返す。 プログラムの開始時間は、プログラムが実行されている間は、変化しない。 Note:テストでは、最後に確認できたサーバ時間はモデル化されている。 Sample: bool is_siesta=false; if(Hour()>=12 || Hour() is_siesta=true;
4
0
0
0
2019/07/17 19:00
int Minute() プログラムの開始時間以降、最後に確認できたサーバ時間の分(0-59)を返す。 プログラムの開始時間は、プログラムが実行されている間は、変化しない。 Sample: if(Minute() return(“first quarter”);
3
0
0
0
2019/07/17 19:00
int Seconds() プログラム開始時間以降、最後に確認できたサーバ時間の分からの経過秒を返す。 プログラムの開始時間は、プログラムが実行されている間は、変化しない。 Sample: if(Seconds() return(0);
6
0
0
0
2019/07/17 19:00
int DayOfWeek() 最後に確認できたサーバ時間での曜日を返す。(0-日曜、1-月曜、・・・6-土曜) Note:テストでは、最後に確認できたサーバ時間はモデル化されている。 Sample: // does not work on holidays. if(DayOfWeek()==0 || DayOfWeek()==6) return(0);
4
0
0
0
2019/07/17 19:00
int DayOfYear() 現在の年からの経過日数(1→1/1、・・・365(6)→12/31)を返す。 言い換えると最後に確認できたサーバ時間での経過日数を返す。 Note:テストでは、最後に確認できたサーバ時間はモデル化されている。 Sample: if(DayOfYear()==245) return(true);
7
0
0
0
2019/07/17 19:00
int TimeDay(datetime date) 指定された時間の日にち(1-31)を返す。 Parameters: date - エポック秒(1970年1月1日 0:00:00からの経過秒) Sample: int day=TimeDay(D’2003.12.31’); // day is 31
7
0
0
0