文字列操作に関する関数

  • 新着順
  • 閲覧数
  • いいね

2019/07/17 19:00
string StringConcatenate(…) 渡されたデータを文字列に整形する。 変数は様々な型が許されるが64個以上の変数は許されない。 変数は、Print()、 Alert() Comment()と同様のルールで文字列へと変換される。 返り値は、渡した変数を連結させた文字列となる。 StringConcatenate()で文字列を連結させることは、+演算子を用いて文字列を連結させるよりも早く、また使用メモリを節約する。 Parameters: … - コンマで区切った値。最大64個 Sample: string text; text=StringConcatenate(&
10
0
0
0
2019/07/17 19:00
int StringFind(string text, string matched_text, int start=0) 部分文字列を検索する。 検索し始めた位置からの文字列が出現する位置を返す。 もし見つからなければ-1を返す。 Parameters: text - 文字列 matched_text - 検索する文字列 start - 検索し始める位置 Sample: string text=“The quick brown dog jumps over the lazy fox”; int index=StringFind(tex
8
0
0
0
2019/07/17 19:00
int StringLen(string text) 文字列の文字数を返す。 Parameters: text - 文字列 Sample: string str=“some text”; if(StringLen(str)
6
0
0
0
2019/07/17 19:00
string StringSubstr(string text, int start, int length=0) 指定した位置からの文字列を抜き取る。 Parameters: text - 文字列 start - 開始位置位置。0からStringLen(text)-1の範囲。 length - 抜き出す文字列の長さ。 0もしくは指定しなければ、開始位置から文字列の終端まで抜き出す。 Sample: string text=“The quick brown dog jumps over the lazy fox”; string substr=StringSubstr(t
9
0
0
0
2019/07/17 19:00
string StringTrimRight(string text) この関数は文字列の右部分にある、改行文字、スペース、タブをカットする。 成功すれば整形後の文字列のコピーを返す。それ以外はカラの文字列を返す。 Parameters: text - 文字列 Sample: string str1=" Hello world “; string str2=StringTrimRight(str); // after trimming the str2 variable will be " Hello World”
10
0
0
0
2019/07/17 19:00
int StringGetChar(string text, int pos) 文字列の指定位置の文字コードを返す。 Parameters: text - 文字列 pos - 位置。0からStringLen(text)-1の範囲。 Sample: int char_code=StringGetChar(“abcdefgh”, 3); // char code ‘c’ is 99
8
0
0
0
2019/07/17 19:00
string StringSetChar(string text, int pos, int value) 文字列の指定位置に文字をコピーする。 Parameters: text - 文字列 pos - 位置。0からStringLen(text)-1の範囲。 value - ASCIIコード Sample: string str=“abcdefgh”; string str1=StringSetChar(str, 3, ‘D’); // str1 is “abcDefgh”
4
0
0
0