FileFlush

2019/07/17 19:00
4

void FileFlush( int handle)

ファイルバッファに蓄えられてあるデータをすべて書きだす。
Notes:FileFlush()関数はファイルの読み込み、書き込みの間でしか呼び出せない。ファイルが閉じられた時、自動的にデータは書き出されるため、FileClose()関数を呼び出す前にFileFlush()関数を呼び出す必要はない。

Parameters:
handle - FileOpen()関数によって返されたファイルハンドル
Sample:
int bars_count=Bars;
int handle=FileOpen(“mydat.csv”,FILE_CSV|FILE_WRITE);
if(handle>0)
{
FileWrite(handle, “#”,“OPEN”,“CLOSE”,“HIGH”,“LOW”);
for(int i=0;i< bars_count;i++)
FileWrite(handle, i+1,Open[i],Close[i],High[i], Low[i]);
FileFlush(handle);

for(int i=0;i< bars_count;i++)
FileWrite(handle, i+1,Open[i],Close[i],High[i], Low[i]);
FileClose(handle);
}

コメント